はじめに(小学校向け)

全国で子どもたちの「実際の手紙のやり取り」による感動体験が広がっています。

弊社では、小学校の授業の場で、「実際の手紙のやり取り」を通して、手紙を書く楽しみ、手紙を受け取った時の喜びをしっかりと経験してほしいという願いから、「手紙の書き方体験授業」(郵便教育)の支援を行っております。この取り組みは、2010年度から開始し、12年目となった2021年度は、全国で約14,320校の小学校、約344万人の小学生の皆さんが参加されました。

2022年度の授業展開の中で、ぜひ「言語活動の充実」の「具体的な実践項目」のひとつとして、郵便はがきに書いて伝えるコミュニケーションである「手紙の書き方体験授業」の実施をご検討くださいますよう、お願い申し上げます。

2022年4月  日本郵便株式会社